根暗な男が恋愛して彼女を好きにさせる人見知り克服術

174

ズバリあなたは根暗ですね!?

 

ネクラとはネアカの反対で

ネガティブ、暗いイメージがあります。

 

自分自身で自覚するレベルの

根暗さんは消極的なことが多く

人見知り、口下手な人がほとんどです。

 

性格を改善するのが一番ですが

ネガティブ思考と言うのは

すぐにすぐ治らないような気がします。

 

ただ会話における消極さ

つまり人見知り、口下手と言うのは

考え方を変えれば治るケースもあります。

 

実は日本人と言うのは

8割以上がネガティブと言われます、

たしかにアメリカ人、ラテン系のように

底抜けに明るいと言う人は少ないですよね?

 

特に不景気もあって日本全体が

暗い雰囲気に包まれてますし(汗)

 

なので会話が人並みに出来たら

好きな子と恋愛関係になり

彼女にすることは可能です!

 

消極的になる原因

根暗な人が行動力があまりなく

色々と考えすぎしてうのは

失敗するのが恐いからです。

 

これは人見知りの原因ともつながって

初対面の人には警戒心を抱きます。

 

知らない人に弱みは見せれないし

変なことを言って嫌われたり

会話が続かなくて気まずい

思いをするくらいなら黙っておこう。

 

こんな感じで喋らないことを

続けているうちに沈黙が気にならなくなり、

二人っきりで会話が一切なくても

平気になってしまいます。

 

 

実は上は私自身の体験談です(汗)

 

最初はなにか話さないと…

みたいな感じであせってましたが、

職場で話さないキャラが定着すると

相手もムリに話しかけてこないので

沈黙でも気まずくならないんですよ。

 

そうこうしてるとコミュ力が落ちて

いざ好きな異性とお近づきになろうとしても

ふだん会話してないから何を喋れば良いのか

分からなくて沈黙が続くみたいな。

 

そうなったら当然付き合ってもらえないから

彼女が出来ない日々が続くわけです(汗)

 

でも根暗だろうが人見知りだろうが

コミュニケーション障害だろうが

彼女は欲しいわけですよね?

 

そりゃ、あんなことやこんなことを

したいじゃないですか? 男だし。

 

失敗を怖れず話す

私自身が人見知りだったので

ガンガン会話できない気持ちは分かります。

 

ただ会話で失敗したとしても

死んだり、借金を背負ったりすることはありません。

 

別にどうってことはないんですよ

会話で変なことを言ったとしても。

 

これをどこまで附に落として

コミュニケーションを取れるかで

人見知りを克服できるかどうかが決まります。

 

積極的に話をして例えウケなくても

それは失敗と考えるのではなくて

データが一つ取れたと考えるべきです。

 

この思考が出来たら何に対しても

積極性が出てくるので根暗とは

思えないほどの行動力になり

人生変わること間違いなしです^^

 

そしたら彼女もできます

やっぱり女性は明るい男性が好きなので。

 

こちらの記事もおすすめです↓

人見知りを克服した20代男性の体験談

 

あなたの先輩の記事になります

この方に続いてあなたも彼女を作りましょう~

会話が苦手で人付き合いに悩んでるあなたへ

SnapCrab_NoName_2015-11-14_16-12-58_No-00

パーフェクトコミュニケーションは、私が人見知りを克服したマニュアル!

書店で会話術の本を読みあさり、話し方教室へ行っても効果がありませんでした。

多くのテクニックを学んだ気にはなっていましたが、いざ本番になるとなにも出来ず、効果はサッパリありませんでした。


しかしこのマニュアルは、小手先のテクニックではなくメンタル面を変えることができるので、口下手から一気に会話上手にクラスチェンジすることができました。

私はこのマニュアルのおかげで念願の彼女をGETしました。実践してから5ヶ月かかりましたが、今までの寂しい人生から卒業できて良かったです。うれしい、本当にウレシイです。


もしパーフェクトコミュニケーションと出会わなかったら、いまごろも「つまらない」、「変なやつ」、「キモイ」、「暗くて何を考えてるかわからない」と言われ続け、彼女もできず、友達もできず、職場でもプライベートでも1人ぼっちだったでしょう。

そう思うと本当にこのマニュアルに出会えて良かったです。

また全額返金保証もあるので、とりあえずマニュアルを手に入れて、効果がなかったら返金してもらうのもありです。(この場合、マニュアルの返品はしなくてもOKなので手間はかかりません)

人間関係に悩んでるなら今すぐクリック

チェック⇒パーフェクトコミュニケーションの公式サイトはこちら

合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ